ポール・ギルバートのピッキングのコツ!手首のスナップをマスター

ギター練習初心者>ポール・ギルバートのピッキングのコツ!手首のスナップをマスター

 

 

それでは、弦を弾く動作、ピッキングについて解説していきましょう。

ロックギターにおいてのピッキングとは、
ピックで弦をはじきとばすことです。

はじきとばすと言っても力まかせに弾いたのでは、
いわゆるきれいに抜けた音にはなりません。
腕や肩、手首の力を抜いた状態ではじきとばすのです。

スポンサーリンク

手首の力を抜いた状態で
1弦をどのフレットでもいいのでおさえながら、
上下にピッキングして音を鳴らしてみてください、
汚い音ではなく、きれいに抜けた音になっていればOKです。

右手は、肘を軽くボディにつけて、
あとは、手首も指も、どこもギターに触れないようにします。
テンポは、ゆっくりでも、速くても構いません。

これを、手首の力を抜いてブラブラにして、
また腕や肩にも余計な力が入らないようにして、
手首のスナップで弾きます。

ピッキングがきちんとできていれば、
どんなに音を歪ませていても抜けた音になります。

スポンサーリンク

あとは外国のギタリストのピッキングを
よく観、良く音を聴いて研究してみましょう。

ジャズギターの方はロックギターとは奏法が真逆になりますので。
弦をなでるように弾くことになります。

タイトルとURLをコピーしました