速弾きって難しい!?いえいえ速弾きは超カンタン。そのコツとは!

ギター練習初心者>速弾きって難しい!?いえいえ速弾きは超簡単。
そのコツとは!

 

 

さて、お待たせいたしました。
いよいよ速弾きについての解説を始めましょう!

まずはじめに速弾きをする準備としてピックを削っておきましょう。
この方法は意外と知らない方が多いと思いますが、
ピックをじゅうたんにこすりつけて先をとがらせます

それから弦は、スーパー・エクストラ・ライトゲージなどの
一番柔らかいものを張っておきましょう。

スポンサーリンク

速弾きとは、
先に指使いを決めて、その指使いにフレーズを当てはめる、
人間工学です。

人間の指の動きというものを研究して、
こういう組み合わせだったら
速く動くことが出来るという指使いをみつけて、
それにフレーズを当てはめる。これが速弾きです。

速く弾けるフレーズをたくさん並べて弾いている。
つまり、速弾きというのはフレーズを速く弾くのではなくて、
速く弾けるフレーズを編み出すことなんです。

スポンサーリンク

つまり、速く動くことが出来る指使いのパターンを、
スケールポジションに当てはめるのです。

たとえば、スリーノート・パー・ストリングのパターン等ですが、
スリーノート・パー・ストリングとは
1つの弦の上に音が3つという意味です。

たとえば、2弦5フレット、7フレット、9フレット
を左手人差し指、中指、小指でおさえます。
同じように、1弦5フレット、7フレット、9フレット
を左手人差し指、中指、小指でおさえます。

このポジションを頭にしっかりと入れておいて、
指を自在に動かしてみましょう。

スポンサーリンク

他にも速く弾けるポジションやパターンを自分でみつけてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました